そろそろ自作PCが限界を迎えそうです

 

 

PCを自作してから5年が経ちました。

 

もう何時壊れてもおかしくないのだけどまだつかえてますね

 

どこのパーツから壊れていくのかちょっと調べてみることにします。

 

特に壊れやすいパーツはハードデイスクと電源みたいですね

 

言われてみれば電源は毎日つけたり消したりするものなのと

 

起動したときに一番電源に負担が掛かるってよく聞きますもんね

 

ハードデイスクは思ったよりも壊れやすいらしいのだけど

 

前のパソコンで使っていたものを一緒に新しいものと自作で使ってるのですが

 

なかなか壊れたことがないのでそんなに壊れやすいものなのかわからないですね

 

 

次はマザーボード見たいですけどこれが壊れたらめんどくさそうですね

 

新しいマザーボードにしたときにたぶんメモリとかのサイズが合わない気がするな

 

あとはざっくりとグラフィックボードですねこれはそこまで負担欠けたりしなければ

 

壊れないものだと思うのだけれどたぶんいまのところわ大丈夫みたいです

 

最後はその他のメモリとかSSDは一番壊れにくいものだと思ってるの他のパーツが

 

変わるまで壊れないと思ってますね

 

こんな感じでいつ壊れてもおかしくないので壊れるまでに変えていきたいですね

 

 

 

新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です