今後パソコン作り合えるにあたって

 

今後パソコンが何時壊れてもおかしくないので

壊れたときのために今人気のパーツなどを

調べてみました。

 

自分のパソコンを作ったのが5年前なので

今とはパーツの規格が変わっていしまったもがあります。

今回はいくつもパーツがあるので

「CPU」のことについて考えていこうと思います。

CPUとは

コンピュータの制御や演算や

情報転送をつかさどる中枢部分。中央処理装置です。

 

分かりやすく人でいうと脳の部分に当てはまります。

どこのメーカーで買うかは自分が以前から使ってる

インテルのメーカーにしようと思います。

 

主にインテルのCPUは

Corei3、Corei5、Corei7、Corei9 とあって数字の数が多いほど

性能が高いことわかります。

 

前使っていたCPUはCorei7シリーズだったので

今回もそうしようと思います。

 

 

Corei7シリーズはハイエンド向けで、

主に動画編集や3Dゲームなど、処理能力が必要なユーザー向けですね。

 

このシリーズの中で人気のCorei7、7800Xにしようと思います。

このモデルは処理能力が優秀で、

今までコア数が4コアのモノを使っていたので、

こちらのモデルは6コアで性能格段に上がります。

 

コアとはCPUの中心部分であり実際の処理を担っている場所です。

基本的にコア数が多いほどパソコンが一度に処理可能な作業数が増えます。

複数のコアを搭載していることを「マルチコア」と呼び、

パソコンで複数のソフトウェアやさまざまな操作を同時に実行する際に、

複数のコアで作業を分担することで

作業効率が向上し結果として処理が速くなります。

 

 

この他に性能がいいのでこれにしようと思います。

たまにゲームしたり動画見る程度なのでこれくらいの

性能で十分すきますね。

 

 

 

 

新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です