ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -の感想【アニメ映画】

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -」あらすじ

 

ヴァイオレットはドロッセル王家の依頼で良家の子女が集まる全寮制の女学校に、

ヨーク家の令嬢イザベラのもとに三か月後のデビュタント(社交界デビュー)に

向けた教育係兼侍女として派遣される。

実はイザベラには捨て去った名前と過去があった。

 

その3年後、ヴァイオレットのもとへテイラー・バートレットと名乗る少女が訪れる。

 

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -」感想

 

前半では女学校にイザベラの侍女兼教育係として訪れたヴァイオレット、

最初イザベラはヴァイオレットを拒絶するも、

徐々に打ち解けていく様子が京都アニらしい映像で、

光を効果的に用いた演出と共に描かれていました。

 

それから数年たち、孤児院を抜け出してヴァイオレットのもとを訪れたテイラーが

C.H郵便社で郵便配達人の見習いをする様子が描かれます。

 

これほど描写と音楽が美しい作品見たことない。

ストーリーと映像がよくおすすめできる作品となっています。

新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です