【BEATLESS ビートレス】第4話 あらすじ 感想

「BEATLESS ビートレス」キャスト 放送情報

公式サイト

<メインキャスト>

 

遠藤アラト 吉永拓斗
レイシア 東山奈央
紅霞 冨岡美沙子
スノウドロップ 五十嵐裕美
サトゥルヌス 下地紫野
メトーデ 雨宮天
海内遼 石川界人
村主ケンゴ 山下大輝
遠藤ユカ 小野早稀
海内紫織 佐武宇綺

 

「BEATLESS ビートレス」 放送情報

 

 

MBS 2018年1月12日より毎週金曜日深夜25:55~
TBS 2018年1月12日より毎週金曜日深夜25:55~
BS-TBS 2018年1月13日より毎週土曜日深夜24:00~
AT-X 2018年1月17日より毎週水曜日深夜24:00~

 

「BEATLESS ビートレス」 第4話 「Automatic world」あらすじ

 

レイシアの「第一の妹」を自称する凶悪なhIE・紅霞。

彼女は抗体ネットワークを巧みに操り、おそろしいテロを引き起こそうとしていた。

その陰謀にケンゴも巻き込まれていると知ったアラトは、レイシアとともに彼を助けようとする。 

 

「BEATLESS ビートレス」 第4話 感想

 

 

やっぱりケンゴトラブルに巻き込まれたな

なんか組織みたいなのに入らされて

完全にテロリストじゃん

これは後戻りできなくなる奴だよな

 

レイシアさすがに優秀だよな

ハッキングできるケンゴのパソコンのセキュリティーを

簡単に突破してるし

 

 

透明になる仕組み解説してたけど

結構無理があるな

設定的には好きだけど

 

やっとストーリーが進んで面白くなってきたな

次回は激しい戦闘とかになるのかな

まだ何なのかざっくりしか敵の目的がわからないから

気になるな

 

 

 

 

 

新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です