GODZILLA 怪獣惑星の感想【アニメ映画】

「GODZILLA 怪獣惑星」あらすじ

 

突如出現した怪獣たちと彼らを倒すパワーを持つゴジラを相手に戦ってきた人類だが、

次第に力を失い地球を脱出しようとする。

 

人工知能によって選別された者たちが恒星間移民船・

アラトラム号でくじら座タウ星eにたどり着いたが、

そこは人類が生存するには過酷な環境であることが判明する。

 

アラトラム号に乗る青年ハルオは移住の道が閉ざされたのを機に、

地球に帰還して両親を殺した敵でもあるゴジラを倒そうと決意。

 

長距離亜空間航行で2万年の歳月が流れた地球に戻るが、

地上の生態系の頂点にはゴジラが位置していた。

 

「GODZILLA 怪獣惑星」 感想

 

前半は結構世界観の説明がそこそこ多かったけどもっとあっても良かった

ちょっと説明不足のとこがあるなって感じたな

結構細かくストーリーや設定を考えてるのはわかるけど

逆に裏目にでた感じだな

 

SFファンとしては、亜空間飛行による長時間の経過等様々なSF的用語や、

パワードスーツ、多脚砲台、ホバーバイク等メカ類はよかった

未来観のあるデザインも良かったな

 

 

生き残った人類の持てる知略と戦力を総動員してのゴジラ討伐作戦が

展開されて最後までハラハラしっぱなしで面白かったです。

 

その戦いがすべてが伏線だったかのようなクライマックスでの

絶望感と迫力はとても素晴らしかった。

 

酷い評価が多くあったからそこそこなのかと思っていたけど

そこまで悪くなく結構楽しめて面白かったですね

 

新着エントリー

コメントを残す