楽園追放 Expelled from Paradiseの感想【アニメ映画】

「楽園追放 Expelled from Paradise」あらすじ

物語の舞台はナノハザードにより廃墟と化した地球と、人類が地上を捨て、データとなって暮らすようになった電脳世界ディーヴァである。

西暦2400年、そのディーヴァが異変に晒される。地上世界からの謎のハッキングを受けたためだ。

フロンティア・セッターと名乗るその主のハッキングの狙いは何なのか?

ディーヴァの捜査官アンジェラは、生身の体・マテリアルボディを身にまとい、地上世界へと降り立つ。

地上調査員ディンゴと伴に荒廃した地上のどこかに潜んでいるはずフロンティア・セッターを探すため、アンジェラとディンゴの旅が始まる。

「楽園追放 Expelled from Paradise」の感想

 

はじめは見たときは世界観が面白いと思いました。

SFやサイバーバンクが好きな人は面白いと思う作品です。

設定や世界観が上手く創られていていて、飽きずに見れました。映像、声優陣もとても良かったです。

テンポも良くて良かったのですが、

ストーリーは中盤で先が読める展開で定番な展開ですが、個人的には満足できました。

 

気になった方はぜひ見てみてください。

新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です